平成29年度「子育てモデル企業」認定式が福井県庁特別会議室にて行われ
片山理事長、永山事務長が出席しました。
「子育てモデル企業」認定制度は、平成23年度より福井県産業労働部労働政策課の取組みとして始まりました。
「従業員の子どもの人数が多い企業は、子育て支援に理解があり、 従業員が子育てしやすい環境にある」(詳細は、福井県が運営する「企業子宝率サイト」をご覧ください。)との考えにより、 企業子宝率(従業員が在籍中に持つことが見込まれる子どもの数)と、 職場環境及び子育てしやすい職場づくりの取組み状況を評価し毎年度認定がなされています。

今年度は応募のあった220社より10社が認定され、アルマ千寿は企業子宝率1.77により 50~100人未満の部で認定を受けました。

認定式後、アルマ千寿にてNHKの取材があり、片山理事長へのトップインタビュー、育児短時間勤務制度を利用している職員へのインタビューが行われました。
授与式
知事と
インタビュー